私は長年接客の仕事に携わっていたため、これまで様々なクレームの対応をしてきました。 その内容は理不尽な物からこちらが平謝りをしなければならない物まで多種多様。 クレーム処理が得意ではなかった私は対応する度に毎回神経をすり減らしたものです。 しかし、理不尽な物以外のクレームは仕事をする上で勉強になることが多く、今後のサービスのため、 自分を磨くために必用であるものだと言う事を思い知らされました。 また、自分が日常生活で接客をされる立場になった時に、相手側に対して納得がいかないとか、 おかしいと思ったことをクレームとして挙げるスキルも随分上がったように感じます。 いかにして、要点をまとめ、簡潔に感情的にならずに伝えることができるか。 このように相手側に納得して受け入れてもらうクレームは意外と難しいものです。 大人らしくスマートにクレームができるようになるため、もっともっと経験を積み、勉強が必要だと 思っています。