人には色々な悩みや葛藤がありますし。現在はなくても、過去に大なり小なりあったと思います。 そこで体験談を書きます。 私は歯科矯正を考えて悩んだ時期があります。2〜3年間は悩んでいたと思います。 ずっと自分の心の中で答えの出ないまま、歯科矯正をするべきか、しないべきか判断に迷っていました。 親に話しても「個性があって良いじゃないか」と、励まし論へと展開するので尚更気持ちに 収拾がつかなくなりました。 結局決断を決めてするのですが、決め手は自分の将来像と信念を持つ気持ちでした。 思え描く未来の将来像が漠然とでもあるのなら、進む第一ステップとしてやってみようという チャレンジ精神に似た気持ちが自分の行動を後押ししました。 もう一つは信念です。周囲が賛同しない時は、誰しも自分の裁量や考え方に不安を抱いてしまうものです。 そこで他人の価値観と自分自身の価値観を頭の中で比べて考えていきました。 答えはどれもが正解なので、気持ちを貫こうと決心したことです。迷った時こそ貫く力が必要ではないでしょうか。