一般的に任意保険とは強制保険である自賠責保険とは別に、自賠責保険の範囲では補いきれない部分の補償が可能になる大事なものです。

これは任意の保険に関しては自賠責保険の上乗せということで役に立つものですので、自賠責保険で補える限度額を上回った時に機能します。

さらに自賠責保険には物的損害については補償が受けられないので、物に対する損害をまかなう場合は任意保険に加入しておくことが望ましいです。

現時点で任意保険の保険料を払っている愛車を売る際は国産車とかアメ車ということは例外なく、残っている分が返金されます。

国産メーカーの自動車についても同じです。

自動車損害賠償責任保険の場合通常放っておくのが常識になっていますが任意保険の場合は皆が入る保険ではありませんから契約解除ということになります。

それで中途解約をすれば、払っている返戻金が戻ってくるということになります。

自動車の取引が成立したからといってすぐさま保険を解約するのはリスクがあります。

勿論、すぐさま解約してしまえばそれだけ返ってくるお金は増えますが、もしかしたら中古車店舗が離れた場所にあるため自分で運転していくということになった場合には、保険なしで運転をすることになります。

万が一のリスクを想定して万が一にも今後自分で車の運転をすることはないと言い切れるまでは任意保険の解約の手続きはすることのないようにする必要があります。

中古車を引き取ってもらってすぐ新たなクルマに買い換えるのだったら問題ないでしょうが、ずっと車の運転をしない状態が続いて任意保険の意味がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時が存在すると、以前に入っていた時の保険の等級が下がるため任意保険の保険料が増えることがあります。

このケースは「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があるんです。

この「中断証明書」で最長10年は無保険になる前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。

また13ヶ月以内であれば発行することができますので、仮に今現在で中古車を売却済みで「中断証明書」という書類を提示されてもらっていない状況でしたら、保険の提供元や代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

もし自分がまた自動車を購入して前に持っていた車を買取依頼するのならば、任意保険は一方のみのとなります。

保険の契約し直しという処理になりますから、乗る必要がある自動車だとしたら処分まで注意しましょう。

また任意保険の保険料は車種などにより金額が多少変わるので、買取の時は任意保険そのものを検討してみる良いタイミングにもなります。